美容と健康のリンク集

美容と健康に関するおすすめのサイトを集めてみました。

ニキビ肌化粧品研究所|リンク集

ダイエット - 健康的にやせるならダイエットナビ

大人気企画『勝負の3キロダイエット』ほか、キレイで健康的にやせらせる情報満載!250以上のダイエット方法体験談やダイエット食材、レシピなども多数掲載。

健康ネット

公益財団法人 健康・体力づくり事業財団が運営するホームページです。健康に関する情報や、健康運動指導士・実践指導者の認定講習会に関する情報を配信しています。

一言column!ダイエット食品の選び方

ダイエット食品は、一昔前は高価でまずく、ダイエット効果も曖昧でした。近頃では、ダイエット食品の中でも手軽に食べられて、安価で低カロリーなものがいろいろと出回っているようです。
ダイエット食品には、こんにゃくや寒天、おからなどを使ったものがあります。通販販売やインターネットだけでなく、コンビニやスーパーに並ぶほど、ダイエット食品は一般的になったといえます。ダイエット食品を選ぶ前に、簡単に手に入るようにはなったとはいえ、まずは普段の食生活を見直すようにすることが重要です。まずは見直してみて、改善可能なポイントがあるなら取り組むようにしましょう。紙に数日の食事を書き出してみるなどして、客観的に自身の食事内容をチェックするようにします。
もし食事の中に、油脂が多い、砂糖が多い、間食が多すぎるなどの気になる部分があったら、改善できる部分がないかどうか考えてみましょう。不足気味な栄養やダイエットに必要な栄養が、食習慣の改善を行ったあとで把握できたら、ダイエット食品を食事内容に見合ったものから選びましょう。ダイエット中は倦怠感を感じたり、栄養不足から気持ちが落ち込んだりすることもあるでしょう。疲れたときの対策になるダイエット食品を使ってもいいでしょう。重要な点は、自分の状況を把握し、どんなものが必要かを見極めてから適切なダイエット食品を選択することです。

ダイエット食品の注意点

手軽なダイエットを望む人にとって、ダイエット食品はありがたいものではないでしょうか。基本的なダイエットのポイントは、規則正しい生活習慣と適切な運動、バランスの取れた食事であることは当たり前のことです。時として、ダイエット食品で手軽に痩せるという方法には、どこかに欠点があるということに注意しなければなりません。ダイエット食品に決して少なくないのが、摂取するだけで魔法のように痩せられるという売り文句の商品です。
世の中には、そう簡単に痩せられるような便利な商品はありません。人為的に食欲を減らしたり、下痢を誘発したり、無理矢理エネルギー代謝を高めるようなダイエット食品は、どこか体に無理を生じさせていることがあります。そのせいで、健康を損なったり、反動が大きくなったりすることがあるでしょう。ローカロリーで腹持ちのいいという、うたい文句のダイエット食品も多いようです。
事実として、ダイエットに低カロリー食が役立つとはいえます。リバウンドの原因となったり、栄養が偏ってしまう場合も、カロリーばかり気をとられていることによってあるかもしれませんので、注意しましょう。ダイエット食品には、残念ながら悪質な商品や、ダイエット効果がほとんどないようなものも混在しています。ダイエット食品は、きちんと原材料表示や商品の性質を事前に確かめた上で使用し、違法なダイエット食品を掴まされないよう、広告を鵜呑みにしないことが重要なのです。